iPhone&Androidプログラミング記
英語─上達しないのは努力不足が原因ではなかった!
英語が話せない…を解決する博士開発の噂の英語教材!返品保証付!

2009年04月23日

美少女を隣に乗せてレースをプレイ“痛車”も登場―「Cherry Drift」

携帯アプリ業界で大手のG-modeがiPhoneアプリ第一弾をリリースしたようです。
日本でラリーと言えば三菱のランサーエボリューションとスバルのインプレッサが有名ですが、昨年までWRCに参戦していたスバルも今年からは参戦をしていません。三菱はかなり前から参戦をやめています。

こういった日本でのラリー人気の状況の中へあえてラリーゲームを投入してきたG-modeのラリーゲームの仕上がり具合が気になりますね。

日本向けのアレンジだと思いますが、可愛い女の子たちが美声でナビをしてくれるようです。



萌えてみたい!ラリーが好きだ!G-modeのiPhoneアプリ第一弾だから!という人はプレイしてみてはどうでしょうか。


posted by ラキシス at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

iPhoneのPush NotificationをテストするためにMac OS X 10.5.6 LeopardでPHPを設定する

Macアプリからの送信でPush Notificationの動作確認は出来ていましたが、やっぱりちゃんとサーバーから送信するテストもしてみたいなという事で、PHPを使えるようにしてみました。

Mac OS X 10.5.6 Leopard には元からApacheなどサーバー用のソフトがインストールされているようです。
そのApacheの設定ファイルの中の1行をコメントアウトするだけでPHPが使えるようになります。

まずFinderを開きます。
Apacheのフォルダは見えないようになっているので「移動」→「フォルダへ移動」を選択します。

ピクチャ 25.png

移動するフォルダを入力します。
etc/apache2/

ピクチャ 26.png

そうするとapache2のフォルダへ移動できます。

ピクチャ 27.png

このapache2のフォルダの中にあるhttpd.confというファイルを修正します。
適当なテキストエディタで開きます。

以下の記述の部分を探します。
#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

行頭にある#を消してファイルを保存します。

これでPHPを使えるようになります。

あとはサーバーとしての機能を有効にします。

システム環境設定 → 共有
ピクチャ 28.png

WEB共有にチェックを付けます。
ピクチャ 29.png

これで完了です。

個人のWebサイトのリンクをクリックするとブラウザでページが表示されます。
このページのフォルダは「ユーザー」→「サイト」です。
ピクチャ 30.png
ここへPHPのファイルを置いてブラウザからアクセスすると表示することが出来ます。


これでようやく準備が出来ていざPush Notificationのテストを行ないます。
PHPのソースコードはDeveloperForumで色々な人が書いているので、それを拝借してきました。

一筋縄ではいかなかったです。

拝借してきたコードで実行すると、証明書とプライベートキーが設定できないというようなエラーメッセージが出ます。
ドキュメントに書かれているようにサーバーに置く為の証明書とプライベートキーのインストール方法というのをやって、掲示板で書かれている手順でちゃんと作れているのにエラーが出ます。
掲示板でも同じようなエラーに悩まされている人が居て、その回答としてはPHPファイルと同じフォルダに置けば大丈夫。というような回答でした。

う〜ん、その通りにやってるはずなのに・・・

と、何度かポチポチと更新ボタンを押していたらエラーが出ずにOKの文字が!

ソースコード自体に間違いは無かったようで、実機の方へちゃんと送信されてきました。
その後、色々と考えてみたのですが、どうもソケットの準備が出来るまで待機しないとダメって事なのかな?という所まで考えはたどり着いたのですが、どうやって準備が完了したのかを確認すればいいのかが分からなくなり断念。

PHPのSSL通信についてとか調べれば何か分かるのかな〜と思いますが、一応送信成功という事で時間の空いてる時にまた調べてみようということにしました。

ソケット通信辺りで何か分かる事がある方が居ましたらコメントをいただけるとありがたいです。
posted by ラキシス at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

基礎からのiPhone SDK (大型本)

明後日の木曜日に発売予定になっているiPhone SDKの入門書です。
ページ数384ページという、結構な量の本です。


本書は、iPhone SDKを使ってのアプリケーション開発をチュートリアル形式で解説するスタイルをとっています。
実用的なサンプルアプリケーションをいくつか作成しながら、その場で必要となる知識について少しずつ学んでいただけます。

CHAPTER 01 iPhone OS/iPhone SDK概要
CHAPTER 02 iPhone OS機能カタログ
CHAPTER 03 初めてのアプリケーション開発
CHAPTER 04 Objective-C入門 −ウェブブラウザ基礎編−
CHAPTER 05 メモリ管理 −デジタル時計の作成−
CHAPTER 06 ビューとイベント −スライドショーの作成−
CHAPTER 07 設定とローカライズ −メモ帳の作成−
CHAPTER 08 ウェブブラウザ 応用編


出版社はソフトバンククリエイティブです。
このソフトバンククリエイティブが出している本は個人的に好きで、けっこう買っています。
あまり本を読むことが得意ではない自分には行間や1ページ辺りの文字数などが相性いいようです。
内容も分かりやすくて読みやすいのでお気に入り。

人によってはもう少し行間を狭く、余白もこんなに要らないという人も居ると思います。
行間を縮めたり余白を減らせばその分ページ数も減らせ重量も軽くなりますしね。

章の分け方や構成などが自分に合っているのかなぁと思います。
大体どれでもソフトバンククリエイティブが出している本は平易に書かれているので読みやすくはあるのですが、もう少し深い部分も知りたいという人には物足りなく感じるでしょう。
入門書として選択する場合にはソフトバンククリエイティブの本はお勧めです。

最近はiPhone SDK の入門書がそこそこ充実してきていると思いますが、その次の段階の本が無いように思います。
中級者向けの本が出てきてくれるとうれしいなぁ。


基礎からのiPhone SDK
ソフトバンククリエイティブ
発売日:2009-04-23
発送時期:近日発売 予約可
ランキング:2288

タグ:iPhone SDK
posted by ラキシス at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

Mac用デスクトップ動画キャプチャ

プロモーション用に動画を撮りたい場合があったりするかと思います。
いくつかありますが、その中からとりあえず使い勝手がいいかなぁというフリーソフトを紹介。
他にいいソフトがあればコメントで紹介いただけるとうれしいです。

スクリン・クロラ Ver0.5 (2009/03/22 公開)
保存形式は「mov」
キャプチャしたい範囲を設定してショートカットコマンドで録画の開始・停止を行う。
保存する時の時間が少々長い。
http://www.bicoid.com/software/index.html

QTConverter Ver1.3.0 (2008/12/30)
WindowsのツールでMovファイルを変換すれば容量を押さえる事が可能です。
設定内容にもよりますが38MBが1MBくらい(Mov→Mov)にする事が出来ます。
設定の所をカスタム設定にしてアスペクト比を固定にしないと横に伸びてしまいます。
サイズを元動画のサイズに指定するのが一番いいです。
http://meetingpoint.jp/hoppysoft/modules/mydownloads/

Jing Ver2.0.14405 (2009/03/03)
Flash形式の「swf」で保存。有料版だとMpeg-4での保存も可能。
相手がQuickTimeを使っていないなどの場合はこちらを選択するべし。
Flashでの保存なので容量も少なく済む。
高機能な定番フリー動画キャプチャソフトです。
http://www.jingproject.com/


iPhoneアプリPERFECT―完全保存版!iPhoneユーザー必携の優良アプリカタログ (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 317) (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 317)
インフォレスト
発売日:2009-03-31
発送時期:在庫あり。
ランキング:6773
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 現在最新、最多数のアプリケーション・カタログ!

posted by ラキシス at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

iPhone OS 3.0でPush Notificationを実験

iPhone SDK 3.0がbeta 3になって一般開発者にもApple Push Notification Serviceを利用できるようになりました。

beta2の時は限られた開発者にのみ利用できていたようです。

実機のOSを3.0にするのを保留していましたが、とうとう3.0にバージョンアップしました。
で、3.0で追加されたコピー&ペーストやMacのSpotlight機能の様な検索機能を使って遊んでみました。
コピー&ペーストの動作はなかなかいい感じでした。
検索機能は文字の部分一致のようで、「あ」で検索するとカレンダーが候補に挙がった。
「ー」の部分が引っ掛かったようです。
「ら」で検索するとカメラが引っ掛かります。
う〜ん、一般的な検索機能のイメージと若干違ってるかなぁという印章ですが、これはこれで面白いなぁと思いました。

それは置いておいて。
Push Notificationです。
先日も書きましたが、MacでPushようのアプリがあるのでサーバーを用意したりする必要なく実機へPush Notificationnを簡単に送ることが出来ました。
Appleが配布してるドキュメントの記載があるのですが、メソッドの記述に間違いがあったり抜けていたりして、そのままではダメでした。
その辺りDeveloperForumで書き込みがあったので、そのコードを参考にしました。

動作確認をしてみたのですが、送信をしてから実機で表示されるまで1秒〜2分くらいとかなりばらつきがあります。
実際にサービスが開始した時に一斉にPushされた時どんな状況になるんだろうとちょっと心配な感じです。

他のアプリが起動してても問答無用で音と共にアラートが表示されてなかなか面白いです。

とりあえず基本部分の試験は出来ました。
実際に運用する場合はサーバーを用意して色々とゴニョゴニョしないといけませんが、とりあえずはここまで。


iPhone×BUSINESS PERFECT BIBLE for iPhone & iPod touch
翔泳社
発売日:2008-11-18
発送時期:在庫あり。
ランキング:9014
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 求めていたのはコレ
おすすめ度5 かゆいところに手が届く本
おすすめ度5 ワクワクする本です。

posted by ラキシス at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。