iPhone&Androidプログラミング記
英語─上達しないのは努力不足が原因ではなかった!
英語が話せない…を解決する博士開発の噂の英語教材!返品保証付!

2009年04月16日

コード署名IDが?になってしまう

昨日にXcodeが日本語環境のままでも平気のようだ書きましたが、実機転送をする場合には日本語環境ではダメだということがわかりました。

beta 2をインストールした時にコード署名IDのところが?になっていたのは分かっていたのですが、シミュレータでは起動できていたし、実機に転送できないのは実機のOSバージョンが2.2.1だからなんだろうと思っていたためだった。
まぁエラーメッセージでコード署名IDが?になってるからダメだよ的に書いてあったのでコード署名IDが?なのはダメなのかなぁと思いつつシミュレータで起動できるからいいやと放置してました。

その後ネットサーフィンをしていたらコード署名IDが?になっているのですが〜・・・という書き込みに対して英語環境にしないとだめですよんという回答を見つけ、試してみたら全くその通りでした。

英語環境にしたらちゃんと表示され、エラーメッセージも転送しようとしてるアプリは3.0で、実機のOSバージョンより高いので転送してやれないなぁ〜というメッセージに変わりました。

Xcodeの言語環境を英語環境にするには
1.Xcodeのアイコンを右クリックして情報を見るを選択。
2.下の方に言語という項目があるので三角アイコンを押して表示。
3.英語にだけチェックを付けて日本語のチェックを外す。
4.Xcodeを再起動する。

これで大丈夫です。

だんだんと実機のOSも3.0にして試したくなってきました。


Apple MacBook 2.0GHz Core 2 Duo/13.3
アップル
発売日:2008-10-15
発送時期:在庫あり。
ランキング:14100
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 持つ喜び
おすすめ度5 買いの1台。
おすすめ度5 驚異のコストパフォーマンスと美しさ



posted by ラキシス at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。