iPhone&Androidプログラミング記
英語─上達しないのは努力不足が原因ではなかった!
英語が話せない…を解決する博士開発の噂の英語教材!返品保証付!

2009年04月21日

基礎からのiPhone SDK (大型本)

明後日の木曜日に発売予定になっているiPhone SDKの入門書です。
ページ数384ページという、結構な量の本です。


本書は、iPhone SDKを使ってのアプリケーション開発をチュートリアル形式で解説するスタイルをとっています。
実用的なサンプルアプリケーションをいくつか作成しながら、その場で必要となる知識について少しずつ学んでいただけます。

CHAPTER 01 iPhone OS/iPhone SDK概要
CHAPTER 02 iPhone OS機能カタログ
CHAPTER 03 初めてのアプリケーション開発
CHAPTER 04 Objective-C入門 −ウェブブラウザ基礎編−
CHAPTER 05 メモリ管理 −デジタル時計の作成−
CHAPTER 06 ビューとイベント −スライドショーの作成−
CHAPTER 07 設定とローカライズ −メモ帳の作成−
CHAPTER 08 ウェブブラウザ 応用編


出版社はソフトバンククリエイティブです。
このソフトバンククリエイティブが出している本は個人的に好きで、けっこう買っています。
あまり本を読むことが得意ではない自分には行間や1ページ辺りの文字数などが相性いいようです。
内容も分かりやすくて読みやすいのでお気に入り。

人によってはもう少し行間を狭く、余白もこんなに要らないという人も居ると思います。
行間を縮めたり余白を減らせばその分ページ数も減らせ重量も軽くなりますしね。

章の分け方や構成などが自分に合っているのかなぁと思います。
大体どれでもソフトバンククリエイティブが出している本は平易に書かれているので読みやすくはあるのですが、もう少し深い部分も知りたいという人には物足りなく感じるでしょう。
入門書として選択する場合にはソフトバンククリエイティブの本はお勧めです。

最近はiPhone SDK の入門書がそこそこ充実してきていると思いますが、その次の段階の本が無いように思います。
中級者向けの本が出てきてくれるとうれしいなぁ。


基礎からのiPhone SDK
ソフトバンククリエイティブ
発売日:2009-04-23
発送時期:近日発売 予約可
ランキング:2288



タグ:iPhone SDK
posted by ラキシス at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。