iPhone&Androidプログラミング記
英語─上達しないのは努力不足が原因ではなかった!
英語が話せない…を解決する博士開発の噂の英語教材!返品保証付!

2009年04月28日

コンタクトレンズ・メガネに続く第3の視力回復技術

一歩先の裸眼生活【神戸クリニック】

日々コンタクトレンズをはめるやメガネを掛けるなど、面倒だなと感じている人は多いのではないでしょうか。
人によってはメガネをファッションの一部として着こなしている人もいるかとは思いますが、コンタクトレンズ・メガネとは別の第3の視力補強技術があることをご存知でしょうか?

自分自身は裸眼で十分な視力があるのでコンタクトレンズやメガネを掛けたりしていないので面倒くささなどを実感する事は無いです。
車の運転をする時にファッションの一部としてサングラスを掛けたり、冬のスキーの時にサングラスを掛けるくらいです。
そんな場合でも少々長い時間掛けてると鼻の付け根の部分が痛くなることがあり、視力が低くて日中ずっと掛けてる人は大変そうだなぁと思うくらいです。
兄は自分とは違って子供の頃に勉強熱心だったため視力が低くメガネとコンタクトレンズを併用しています。
コンタクトレンズは目が乾きやすいからテレビを見たりゲームをする時や夏の暑い日に扇風機などの風が当たるような場合はメガネにしています。
それを見てると大変そうだと感じます。

そんな中、最近になって第3のレーシックと言われる視力回復技術があることを知りました。
どんな人にも効果が出るものでは無いようなのですが、有名なタレントさんたちも実施しているようです。

日々のコンタクトレンズ・メガネ生活から裸眼だけで済む生活になりたい〜という方は一度この神戸クリニックさんのサイトをのぞいて見てはどうでしょうか。
無料説明会なども行っているようなので、そういう場で聞いてみるのもいいかと思います。

神戸クリニック


posted by ラキシス at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。