iPhone&Androidプログラミング記: iPhone OS 3.0 を今夏発表!
英語─上達しないのは努力不足が原因ではなかった!
英語が話せない…を解決する博士開発の噂の英語教材!返品保証付!

2009年03月17日

iPhone OS 3.0 を今夏発表!

メジャーバージョンアップのiPhonseOS 3.0の発表がありました。

img_1489054_60592203_0.jpg

開発者用のiPhone Dev Centerのページもリニューアルされて以前よりすっきりしていました。
開発者用にβ版のSDKも配布開始されています。
β版なのでNDAに基づいて他の人に内容を話すことは出来ないことになってます。
早くFinalになってくれるといいな。
以前はFinalの状態でもNDAでは内容を公開してはいけないことになっていたけれど、開発者からの不満の声が多かったのか、無条件ではないものの内容を公開出来るようになりました。
海外の人達はNDAお構い無しに情報交換していたみたいですけど・・・

開発者向けだと以下の6つくらいが注目の新機能のようです。

1.アプリ内での決済
2.Bluetoothによるペアリング不要のP2P接続
3.アプリへのプッシュ通知
4.マップのアプリ内利用
5.周辺機器との通信、制御
6.iPhone/iPod touch内の音楽ライブラリーアクセス

1番のアプリ内での決済方法が増えた点はかなり大きい気がします。
日本で根付いているiアプリやEZアプリやS!アプリなどの月額課金方法も行なえるようになった事は大きいでしょう。
現在のiPhoneアプリは落としきり一択ですからね。
今度は月額課金だけでなく、コンテンツの追加を課金することも出来るようです。
例えばRPGなら新しいマップを購入するとか、電車の時刻表なら○○線の時刻表を購入とか。
MMORPGなどのアイテム課金のようなことが出来るということですね。

上記6つは一部に過ぎず、新しく増えたAPIは1000を超えているということなので、今までかゆい所に手が届かなかったのが届くようになったり、自前でダラダラ書かないといけなかったコードがAPIで提供されて楽になっているとかがあるようです。
まだ発表されたばかりなので徐々に掘り起こして行こうと思った。


iPhone端末を使うユーザー向けには

1.カット、コピー、ペースト機能
2.Spotlight(端末内検索機能)
3.MMSのサポート
4.BluetoothのA2DPサポート
5.多くの標準アプリでランドスケープモード対応
6.カレンダーのCalDAV対応
7.メモのiTunesシンクロ

上記7つあたりが注目の新機能になるようです、
カット、コピー、ペーストは発売当初から実装されてて当たり前のような機能だと思いますが、ようやく搭載されることになります。
SpotlightはMacOSを使っている人にはなじみのあるうれしい機能ではないでしょうか。

今話題のiPhone3Gベルトクリップ付ケース。



タグ:iPhone OS 3.0
posted by ラキシス at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック