iPhone&Androidプログラミング記: シミュレータと実機を区別する
英語─上達しないのは努力不足が原因ではなかった!
英語が話せない…を解決する博士開発の噂の英語教材!返品保証付!

2009年03月31日

シミュレータと実機を区別する

シミュレータと実機を区別するためのマクロ

シミュレータの時だけ実行したいコードと実機の時だけ実行したいコードを分ける時に使うマクロです。


#import 

#if (TARGET_IPHONE_SIMULATOR)
// シミュレータで動作中
NSLog(@"Running on Simulator");
#else
// 実機で動作中
NSLog(@"Running on Device");
#endif






posted by ラキシス at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。