iPhone&Androidプログラミング記: iPhoneでのゲーム開発について解説した本
英語─上達しないのは努力不足が原因ではなかった!
英語が話せない…を解決する博士開発の噂の英語教材!返品保証付!

2009年04月09日

iPhoneでのゲーム開発について解説した本

まだ発売は少し先で、さらに洋書なので手を出しづらいかもしれないけれど、iPhoneでのゲーム開発について綴られた書籍が発売します。

解説の項目としては以下のような内容になっています。

・Add multi–touch controls to your game.
 (マルチタッチでゲームをコントロールする)
・Detect motion for spatial game interaction.
 (モーションセンサーをゲームに取り入れる)
・Build multiplayer/multidevice games with wi–fi or cellular connections.
 (WiFiや3Gでの通信対戦、複数iPhoneの利用)
・Draw text and display Open GL ES content.
 (テキスト描画とOpenGL ESの描画)
・Use the built–in microphone and play sounds and alerts.
 (マイクとサウンド再生とアラートの使い方)
・Optimize your use of limited screen real estate.
 (限られたスクリーン領域の利用を最適化)

Iphone Games Projects (Projects)
Iphone Games Projects (Projects)P. J. Cabrera

出版社 Apress
発売日 2009-06-15
価格 ¥ 4,114
[ 定価 ¥ 4,121 ]
近日発売 予約可

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出版社Apressのサイトはこちら

洋書での発行は6月以降いろいろとあります。
iPhoneアプリ開発の人達は英語が読める人が多いかと思いますのでこの洋書を購入して技術を習得していけるのでしょうけど、英語が苦手な自分は早く翻訳して欲しい!と指をくわえて待つようなタイプです。
翻訳版が出るとしても半年〜1年後とかになるのでしょうね。
そんなにも遅れを取ってしまっては世界についていけませんから、英語の勉強もしないといけないと思う日々です。

洋書が出てから和書に翻訳という流れではどんどん日本は置いていかれてしまう様な気がするので翻訳という流れではなく洋書の勢いと同じく和書も出てくれるとうれしいな。
まぁ英語が出来ない自分のようなプログラマは黙ってろって感じなんでしょうけどねふらふら


posted by ラキシス at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック