iPhone&Androidプログラミング記: OpenGL ESをやる時の参考サイト
英語─上達しないのは努力不足が原因ではなかった!
英語が話せない…を解決する博士開発の噂の英語教材!返品保証付!

2009年07月03日

OpenGL ESをやる時の参考サイト

OpenGL ES 2.0がiPhoneでもサポートされてシェーダの勉強もやらなければいけないなぁと思って色々とサイトを回っているのですが、なかなか自分にピッタリくるサイトは見つかりません。

という事で、OpenGL ES開発に関わりがありそうなサイトをダラダラとメモ的に書き出しておけば何かの時に役立つかなぁという安易な感じでリスト化してみようと思います。

□KHRONOSのOpenGL ES情報
 APIリファレンス等
 http://www.khronos.org/opengles/

□Khronos OpenGL ES 2.0 SDKs for POWERVR SGX
 OpenGL ESをサポートするグラフィックチップを製作しているメーカーのチュートリアル集?
 http://www.imgtec.com/powervr/insider/sdk/KhronosOpenGLES2xSGX.asp

□3D Shaders
 シェーダプログラムのサンプルがあります。
 http://3dshaders.com/home/index.php?option=com_weblinks&catid=14&Itemid=34

□NeHe Productions : OpenGL Article #21
 GLSL(シェーダプログラム)に関する情報
 http://nehe.gamedev.net/data/articles/article.asp?article=21

□OpenGL Shading Language @ Lighthouse 3D
 GLSLの解説やサンプル等
 http://www.lighthouse3d.com/opengl/glsl/

□OpenGL® ES 2.0 Programming Guide - Book Website
 iPhone向けOpenGL ES 2.0のサンプル
 http://opengles-book.com/downloads.html

□Simple OpenGL ES 2.0 iPhone example
 サンプル
 http://mgrundmann.com/2009/06/24/simple-opengl-es-20-iphone-example/


書き出してみましたが、全部英語サイトです。
コード自体は英語が読めなくても、こう書けばこうなるんだなという事が分かるので、とりあえずコードの書き方が知りたいという人には役立つんじゃないかと思われる。

OpenGL(R) Shading Language (2nd Edition)
Addison-Wesley Professional
発売日:2006-02-04
発送時期:通常10〜13日以内に発送
ランキング:7951
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 OpenGL開発者は必携です
おすすめ度4 遂に OpenGL にもプログラマブルシェーダ時代が到来






posted by ラキシス at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。