iPhone&Androidプログラミング記: 元・任天堂 企画開発者が書いた「ついやってしまう」デザイン!
英語─上達しないのは努力不足が原因ではなかった!
英語が話せない…を解決する博士開発の噂の英語教材!返品保証付!

2022年07月15日

元・任天堂 企画開発者が書いた「ついやってしまう」デザイン!

だいぶ前に購入した本ですが、とても面白くて勉強になったので紹介します。

IMG_4516.jpg


人間は色々な体験や経験から、こういうデザインだとつい無意識にこうしてしまうという事ってありますよね。
それをゲームの中のデザインで、クリエイターの意図通りにプレイヤーが操作してくれるにはどうしたらいいかを解説されています。
序盤にはスーパーマリオを例に挙げて、どうしてゲームスタート時のデザインがこうなっているのかを分かりやすく説明しており、なるほどね〜と思いながら読み進めていくと、この本自体も読者が読み進めやすいデザインが施されていると書かれていて、何だとっ!ってなりました。

本の中ではゲームにおけるデザインとして、目で見る形や色による”ついやってしまう”デザインだけではなく、音による”ついやってしまう”デザインや、シナリオやストーリーでの”ついやってしまう”デザインについても書かれています。

本の内容はゲームを例に取り上げていますが、他の分野でも応用できると思います。
例えば店舗での人の流れを意図したように流したいという時にも応用できるかもしれません。

とても読みやすく書かれていますので、言葉で説明しなくても”ついやってしまう”をやらせてみたい人にはとてもお勧めです!


「ついやってしまう」体験のつくりかた??人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ

新品価格
¥1,336から
(2022/7/15 00:28時点)




posted by ラキシス at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック